走行でタイヤのロスを減らす

走行していると、走行距離に応じてタイヤは摩耗していきます。しかし、同じ距離でも走行する場所や、走行の方法によってタイヤの減り方は変わってきます。

よく発生するタイヤの問題としては、中古自動車の車体の傾きによって、内面や外面など一部だけが特に摩耗してしまうことです。

これは、自分では走行意識しても防げない問題なので、自動車の整備の段階でチェックして防ぐことになります。

主に、車軸を直すことで解決するのですが、どうしても防げないようなときには

タイヤをこまめに交換するしか解決方法を見つけることができないことになってしまいます。

また、タイヤの摩耗は、走行方法によって影響されてしまう場合、急発進、急停車が多い走行方法で特にロスが著しくなります。

よく、タイヤ痕が交通事故の近くで残っていますが、これは急停車するときにタイヤが摩耗してロスとなってゴムがすり減ったものであり、

急停車するたびにタイヤは少しずつゴムの部分がすり減っています。近年のエコの方法から考えても、なるべく燃費がかからない走り方をした方が、

余計なタイヤへの負担もかからないので二重の意味でメリットがあるといえます。