パンクしたタイヤの問題点

パンクしたタイヤは、ガソリンスタンドやカーディーラーなどで修理してもらうことができますが、パンクした部分がもろくなってしまう、ということがあります。

もちろん、まったく問題なく使い続けられるもありますが、すぐに再びパンクを繰り返す、ということがあります。

短期間のうちに同じタイヤが2度、パンクしてしまうようなことがあれば、それは習慣になっている可能性があるので、

諦めて早期に買い替えてしまった方が無難です。そのまま放置しておくことの方が、長距離をドライブしているときに

、リスクばかり高くなってしまうことになるので、望ましいことではありません。

また、パンクしているのかどうか、ということがすぐに気付かないときがありますが、パンクしてしまっているタイヤのまま走行すると、

車体本体も傷つけてしまうことにもなりますし、余計に事故のリスクを高めてしまうことになるので大変危険です。

パンクのタイヤだけ、スペアに交換して一時しのぎをする、という方法もありますが、スペアは他のタイヤとタイヤの目の減り方が違うため、

走り方に悪い影響を与えてしまうこともあるので、要注意です。

このあたりはよくチェックしておいて防げるようにしてください。