スタッドレスタイヤの購入

スタッドレスタイヤは北海道や東北など雪道の走行では欠かせないタイプになっています。

かつてはスパイクタイヤが主流でしたが環境の問題もあり、現在は一部急こう配がある坂道以外では使用できなくなってしまい、

スタッドレスが主流になっています。スタッドレスもシーズンごとに摩耗してしまい、

すべりが悪くなる、くるみなどの素材を使っているときは、シーズンの履き替えの時期によっては、アスファルトと衝突して消耗してしまう、

ということが発生してしまいます。スタッドレスタイヤは通常の夏タイヤよりも値段が高くなってしまう傾向になるので、

中古で購入する人も珍しくありません。ただ、中古の場合、十分に滑り止めの効果が得られないために、事故の原因になってしまうこともあります。

なるべく自分の車に合ったタイプのタイヤ、どの程度の時期を使うかなどの情報を得られるようにしておくことで、ロスも無くなりますし、

活用の幅も広がっていくことになります。タイヤは長期的にみると、どうしても消耗品という側面は致し方ないことですが、

走り方にしても、ロスを減らすことが出来るので、そのあたりはなるべくロスの発生しないように、意識して選択してみることがオススメです。