古タイヤの処分

古タイヤの処分は無料で対応してくれる業者や、カーディーラーがありますが、リサイクル法のために有料になってしまうことがほとんどです。

なるべく費用をかけないで処分するコツとしては、一度、自動車を買い替えるなどで廃車を業者に出してしまうときに、

古くなって使わないタイヤも処分してしまう方法があります。基本的には好んで引き取ってくれませんが、

古いタイヤにも若干需要がある場合などは無料で処分

してくれます。ガソリンスタンドで新しいシーズンのタイヤに履き替えたときなどは、古いタイヤを処分してくれることがあります。

このあたりは、ガソリンスタンドの方針で処分にタイヤ1本あたり500円程度の費用がかかってしまうこともあります。

また、家に古いタイヤを積んでおくと、処分に困り後で結果的に高い費用になってしまうことがあります。

このあたりの条件については、よく確認してなるべく負担が発生しないようにしておくことが望ましい対応になります。

出来る限り余計な負担をかけないように、きっちりとタイヤの処分を意識しておくようにすると、ロスもなく経済的な負担も小さくできるのでお勧めできるので、

ぜひ処分の条件などをチェックしておいてください。