Archive for the ‘未分類’ Category

スペアタイヤの確保

スペアタイヤは、万一の走行中のパンクのときのために必要です。

ほとんどの車種でスペアタイヤを用意していますが、場合によってはスポーツカーのような場合には設置するスペースがないものや、

中古自動車で購入したときにスペアがないことも珍しくありません。

そうなってしまうと、後で購入しなおす、など余計に費用が発生してしまうことになります。

スペアに関しては、万一の事を考えておくなら、早い段階で用意してトラブルに備えておくことが安全です。

また、必要に応じて通常のタイヤと合わせて劣化していないか、ということを点検しておくことが望ましいといえます。

熱や年数によってはスペアタイヤも気づかないうちに劣化して、その役割を果たさなくなってしまうことがあります。

そのような状況は決して望ましい事では無いので、出来る限り早期に的確な対応を進められるように、

きっちりと管理をしておくようにすることが望ましいといえます。

ぜひ、スペアタイヤについては、早期に管理を徹底できるようにしておくことで、面倒な問題を避けて、

安全に長期にわたって利用できるようになるので、常に状態をチェックできるようにしておくことが望ましいでしょう。

冬タイヤへの交換時期

北海道や東北で迷うことの一つに夏タイヤから冬タイヤへの交換時期、また、冬タイヤから夏タイヤの交換の時期があります。

特に、夏から冬にタイヤを交換するのは、交通事故の問題があるので早期に交換しておく方が無難です。

おおよそ北海道の場合、夏タイヤから冬タイヤに交換するのは11月から12月の間で雪が降ってからだと、

そのときに夏タイヤのままではスピンしてしまう、という問題があるので早めに交換するのが普通です。

ただし、交換をぎりぎりまでしていると、自分でタイヤ交換をする人は問題ありませんが、ガソリンスタンドで交換してもらう人の場合、

混み合ってしまい時間がかかってしまうといことがあります。また、この時期に中古のタイヤを購入してしまうと、

価格が高くなってしまうということや、品揃えが売れてしまって選べないということもあります。

早めに購入しておくようにする方が、ロスもなく安心できるはずです。

冬タイヤの交換時期は季節によって若干の変動がありますが、出来る限り注意して、

トラブルなどが発生しないようにしておくようにすることが望ましいといえるでしょう。

また、冬タイヤのだッ着時期も早めにしてしまうと、雪が降って夏タイヤで走行する危険があるので気をつけるようにしてください。

パンクしたタイヤの問題点

パンクしたタイヤは、ガソリンスタンドやカーディーラーなどで修理してもらうことができますが、パンクした部分がもろくなってしまう、ということがあります。

もちろん、まったく問題なく使い続けられるもありますが、すぐに再びパンクを繰り返す、ということがあります。

短期間のうちに同じタイヤが2度、パンクしてしまうようなことがあれば、それは習慣になっている可能性があるので、

諦めて早期に買い替えてしまった方が無難です。そのまま放置しておくことの方が、長距離をドライブしているときに

、リスクばかり高くなってしまうことになるので、望ましいことではありません。

また、パンクしているのかどうか、ということがすぐに気付かないときがありますが、パンクしてしまっているタイヤのまま走行すると、

車体本体も傷つけてしまうことにもなりますし、余計に事故のリスクを高めてしまうことになるので大変危険です。

パンクのタイヤだけ、スペアに交換して一時しのぎをする、という方法もありますが、スペアは他のタイヤとタイヤの目の減り方が違うため、

走り方に悪い影響を与えてしまうこともあるので、要注意です。

このあたりはよくチェックしておいて防げるようにしてください。

古タイヤの処分

古タイヤの処分は無料で対応してくれる業者や、カーディーラーがありますが、リサイクル法のために有料になってしまうことがほとんどです。

なるべく費用をかけないで処分するコツとしては、一度、自動車を買い替えるなどで廃車を業者に出してしまうときに、

古くなって使わないタイヤも処分してしまう方法があります。基本的には好んで引き取ってくれませんが、

古いタイヤにも若干需要がある場合などは無料で処分

してくれます。ガソリンスタンドで新しいシーズンのタイヤに履き替えたときなどは、古いタイヤを処分してくれることがあります。

このあたりは、ガソリンスタンドの方針で処分にタイヤ1本あたり500円程度の費用がかかってしまうこともあります。

また、家に古いタイヤを積んでおくと、処分に困り後で結果的に高い費用になってしまうことがあります。

このあたりの条件については、よく確認してなるべく負担が発生しないようにしておくことが望ましい対応になります。

出来る限り余計な負担をかけないように、きっちりとタイヤの処分を意識しておくようにすると、ロスもなく経済的な負担も小さくできるのでお勧めできるので、

ぜひ処分の条件などをチェックしておいてください。

走行でタイヤのロスを減らす

走行していると、走行距離に応じてタイヤは摩耗していきます。しかし、同じ距離でも走行する場所や、走行の方法によってタイヤの減り方は変わってきます。

よく発生するタイヤの問題としては、中古自動車の車体の傾きによって、内面や外面など一部だけが特に摩耗してしまうことです。

これは、自分では走行意識しても防げない問題なので、自動車の整備の段階でチェックして防ぐことになります。

主に、車軸を直すことで解決するのですが、どうしても防げないようなときには

タイヤをこまめに交換するしか解決方法を見つけることができないことになってしまいます。

また、タイヤの摩耗は、走行方法によって影響されてしまう場合、急発進、急停車が多い走行方法で特にロスが著しくなります。

よく、タイヤ痕が交通事故の近くで残っていますが、これは急停車するときにタイヤが摩耗してロスとなってゴムがすり減ったものであり、

急停車するたびにタイヤは少しずつゴムの部分がすり減っています。近年のエコの方法から考えても、なるべく燃費がかからない走り方をした方が、

余計なタイヤへの負担もかからないので二重の意味でメリットがあるといえます。

スタッドレスタイヤの購入

スタッドレスタイヤは北海道や東北など雪道の走行では欠かせないタイプになっています。

かつてはスパイクタイヤが主流でしたが環境の問題もあり、現在は一部急こう配がある坂道以外では使用できなくなってしまい、

スタッドレスが主流になっています。スタッドレスもシーズンごとに摩耗してしまい、

すべりが悪くなる、くるみなどの素材を使っているときは、シーズンの履き替えの時期によっては、アスファルトと衝突して消耗してしまう、

ということが発生してしまいます。スタッドレスタイヤは通常の夏タイヤよりも値段が高くなってしまう傾向になるので、

中古で購入する人も珍しくありません。ただ、中古の場合、十分に滑り止めの効果が得られないために、事故の原因になってしまうこともあります。

なるべく自分の車に合ったタイプのタイヤ、どの程度の時期を使うかなどの情報を得られるようにしておくことで、ロスも無くなりますし、

活用の幅も広がっていくことになります。タイヤは長期的にみると、どうしても消耗品という側面は致し方ないことですが、

走り方にしても、ロスを減らすことが出来るので、そのあたりはなるべくロスの発生しないように、意識して選択してみることがオススメです。

インターネットで注文する

インターネットでタイヤを注文することが人気になっています。特に人気が集中するのは、冬のシーズンが始まるときの冬タイヤです。

北海道や東北では、当然ながら毎年、冬になると雪道に合わせたタイヤが必要になるので、スタッドレスタイヤを購入することになりますが、

新品で購入しようと思うと価格が高くなってしまうというデメリットがあります。その点、中古品をインターネットで販売すれば、

送料などの負担を考えてもかなり安く費用を抑えることができます。問題は自分の乗車している車種や、車の状況に合ったタイヤをうまく見つけられるかですが、

最近ではこのあたりの分類もきっちりとされているので、それほど悩まなくても安心して購入することができます。

自分に合ったタイプのタイヤの条件を特定できるように、タイヤの型番などのチェックは間違わないようにしておくことが大切です。

また、タイヤの溝の減り具合でどの程度の消耗度なのか、ということも合わせて確認しておくようにすれば、

時間的にもロスがなく安心してタイヤを使い続けることができます。ぜひ、タイヤをうまく活用出来るように、

インターネットの中古タイヤも状況によって活用してみてください。

中古タイヤの問題点

中古のタイヤは、新品のタイヤと違い、当たり外れがあることが難しいところです。

はずれのタイヤの場合、購入してもすぐに廃棄せざるおえない状況に置かれてしまうことがあります。

それは、非常によろしくない状況なので、なるべく状態のよいものを選ぶようにしておくことがおすすめです。

一つの方法としては、タイヤの「目」を見てどの程度残っているのか、ということで消耗度を確認する方法があります。

この方法を使えば、タイヤがどの程度のロスで済んでいるのか、ということを明確にチェックすることが出来るので、負担なく活用を図ることが出来ます。

もちろん、慣れないと分かりにくい、という問題がありますが、中古タイヤを扱う店ではたいてい

、他のタイヤも在庫として扱っているのでその他のタイヤと比較してみれば、どの程度使われてきたのかということをチェックすることができます。

あまりに古すぎるタイヤは事故のもとになってしまうことがあるので、特に冬道を走行するような場合には十分に気をつけてください。

なるべくタイヤに関しては条件のよいものを選択できるようにしておくことで、安心して長期間、使い続けることが出来ることが人気の秘訣です。